交通事故示談の仕事を考える
HOME 病院 タクシー 怪我 入院 人身

着手金

 もしも交通事故に遭遇してしまった場合には
すぐにでも弁護士に依頼して、示談を含めた交渉を
行っていくことが大切なのですが、その時に
弁護士に支払わなくてはいけない費用の中に
着手金と呼ばれるものがあります。

遭遇


この着手金とは簡単に言ってしまえば、弁護士が依頼を受けて
正式に弁護活動を行う時に、最初にかかってくる
費用の事を指しています。


つまりこれを支払うと言う事は、その弁護士と正式に
契約をするということになるので、支払ってしまった後に
契約を変更したり辞めると言う事は難しくなってきます。


また払わない場合は正式に契約を交わしていないと
言う事になるので、交通事故に関する弁護活動を
してもらえないので、払うタイミングとしてはその人に
依頼すると決めた時になっています。


特に交通事故の場合はすぐにでも弁護活動を行ってもらわないと
いけないと言う事も多いので、交通事故に遭遇したらすぐに
まとまったお金を用意して弁護士を探すようにすると
いうことが大切になってきます。

タイミングを見計らう


ちなみにどの程度かかってくるのかと言うところに関しては
一般的な相場では20万円程度と言われており、
他の費用に関しては交通事故案件が落ち着いてから
支払うようになるので、まずは20万円程度を
用意しておく事がおすすめです。


また最近では着手金などがかからない無料の弁護士も
いるので、交通事故のタイミングによっては
お金を用意できないという場合はそちらの弁護士に
依頼すると言う事も検討することができます。

 

CONTACT

気になるものは調べないと気がすまない。私の話。


交通事故弁護士
  サイン
  費用
  サイトマップ
  無料相談
  着手金
  過失割合


Copyright(C)交通事故弁護士