交通事故示談の仕事を考える
HOME 病院 タクシー 怪我 入院 人身

過失割合

 償請求権が考えられますが、それに対して加害者は
被害者にも落ち度、つまり過失があるとして、過失割合を考慮して
損害賠償の認容の額を減額することを主張してくることがあります。


それは、過失相殺という制度であって、
その趣旨は、被害者にも交通事故につき過失があるときは
加害者が賠償すべき賠償金を全額とはせずに、減額するのが
公平の観念に添っているというのが多いという点にあります。

 

そのために、この適用にあたっては、交通事故の加害者や
被害者の過失の大小であったり、交通事故という
違法行為の発生などについて与えた原因の大小などを
総合的に考慮して、過失割合に沿って、賠償額の範囲を
定める必要性があるのです。


必要性

ですがこれは往々にしてトラブルの原因となるのです。

 

加害者は少しでも賠償額を減らしたい。被害者は相手に非を認めて欲しい。
困った時に頼りになる、安心できる弁護士さんを
事前に見つけておくと、もしもの時に頼りになります。

もしもの時に

 

それ以外でも自分で少し調べておくことが大事かもしれません。
よい弁護士さんかを見極める為に、ある程度知識を入れておくのも大切です。


全てまかせっきり、とても楽ですが、怖い部分も大きいです。

 

CONTACT

気になるものは調べないと気がすまない。私の話。


交通事故弁護士
  サイン
  費用
  サイトマップ
  無料相談
  着手金
  過失割合


Copyright(C)交通事故弁護士