交通事故示談の仕事を考える
HOME 病院 タクシー 怪我 入院 人身

怪我

大事に扱う

 普段気を付けて暮らしていても、こちらないは非がなくても
交通事故に遭ってしまうこともあります。
さらに怪我をしてしまうこともあります。

 

しばらく治療に専念してもどうしても治らないというときには、
医師に交通事故による症状固定という診断をしてもらいます。
この診断によって後遺症の等級がきまっていきます。

処置の方法

 

それにより加害者側の保険会社から慰謝料や賠償金が
きまっていくのですが、日本の場合被害者に支払われる
賠償金や慰謝料が海外に比べて低いことが多いです。


そのため、後遺症が残るほどの怪我なのに、慰謝料や賠償金が
とても低く不満に思う被害者も多いです。


そういうときには解決を急がないで、まずは
弁護士に相談することがいいです。


弁護士は事故状況や怪我の状況を細かく検証して
加害者側の保険会社と交渉をしてくれるのです。

 

交通事故に強い弁護士もいますから、そういう弁護士に
依頼していくことで、金額がアップしていく可能性が高いです。

 

CONTACT

気になるものは調べないと気がすまない。私の話。


交通事故弁護士
  サイン
  費用
  サイトマップ
  無料相談
  着手金
  過失割合


Copyright(C)交通事故弁護士