交通事故示談の仕事を考える
HOME 病院 タクシー 怪我 入院 人身

病院

 交通事故を起こして、それが人身事故の場合は、まずは
保険会社に連絡しますが、被害者に対しての
謝罪と誠意を見せなければいけません。

 

特に人身事故の場合は、刑事罰と行政罰に民事訴訟とありますが、
金銭的な面は、保険会社がバックアップしてくれますが、
刑事罰、行政罰は、自らが償わなければいけません。

 

特にこの中でも刑事罰については、交通事故を起こした時の
初期動作や被害者に対して謝罪をして、いかに反省しているかが
大きく左右します。


事故後の警察の取り調べや被害者が入院などしている
病院に行く前に弁護士に相談するべきです。

病院の近く

 

被害者の感情を抑える言葉を的確に指示してもらえますし、
弁護士の立場からして、刑事罰や行政罰を軽くするための
行動を指導してくれたりします。


交通事故というのは、その場での取り調べの他に警察署での
事情聴取もありますので、その時の対応なども考えれば
弁護士に相談するのが最良の策と言えます。

最善策

 

時間が経てば、弁護士自ら被害者の病院にいき
裁判のときに有利に働くように被害者に接してもらえます。
事故を起こしたらまずは、弁護士に相談をするべきです。

 

CONTACT

気になるものは調べないと気がすまない。私の話。


交通事故弁護士
  サイン
  費用
  サイトマップ
  無料相談
  着手金
  過失割合


Copyright(C)交通事故弁護士